Cheese magazine チーズマガジン

フレッシュ(非熟成)タイプの主な種類と美味しい食べ方

フレッシュタイプとは熟成させないチーズのことをいいます。乳に乳酸菌や酵素を加えて固め、水分(ホエー)をとると白い固まりができます。これがフレッシュチーズです。他のチーズに比べると水分が多く、やわらかいのが特徴で、やさしい口当たりとほどよい酸味が楽しめるチーズが多いです。クセが無いので、そのまま食べるのはもちろん、料理やお菓子の材料として使われています。

この記事を読む

ヨーロッパ出張レポート【後編】

お待たせしました!ヨーロッパ出張レポート後編です。前編ではSIAL国際食品見本市を中心にフランス・パリのマーケット事情などをお伝えしました。今回はイタリア編です。フランスよりも日程は短かめですが、ゴルゴンゾーラの工場見学やミラノのマーケット事情など盛りだくさんでお届けします。

この記事を読む

ヨーロッパ出張レポート【前編】

先月、フランス・パリで開催されたヨーロッパ最大級の国際食品見本市、SIALを見学してきました。世界各国のチーズが数多く展示されていましたので、その様子をレポートしたいと思います。その他フランス、イタリアの最新チーズマーケット事情やチーズ工場等、私たちの見てきたものをほんの一部ですがお届けいたします。

この記事を読む

白カビタイプの熟成による風味の変化、あなた好みの食べ頃は?

白カビタイプは、表面が白いカビで覆われており、その表面の白カビにより外側から中心に向かって熟成が進むチーズです。クリーミーでマイルドな口あたりで、それほどクセがなく食べやすいものが多いため、チーズ入門編として最適です。生きている白カビの力で日々変わっていく風味を味わい、比較するのも楽しいですよ。

この記事を読む

Pick Up